【保育士が解説】子どもの偏食とは?原因と対策

子育て

子どもの偏食は、保護者や保育士にとって悩ましい問題です。味覚や食べることに関する好みは個人差があり、子どもの成長に伴って変化していくものです。本記事では、子どもの偏食の原因や対策について保育士が解説します。


子どもが見た目で嫌がる食べ物や、味で嫌がる食べ物に対するアプローチ方法についても触れます。また、濃い味に注意し、薄味の食生活をが重要であることもご紹介。子どもの偏食について正しい知識を持ち、適切な対応策を見つけるためのヒントを提供します。

子どもの偏食とは?

子どもの偏食とは、好きな食べ物や食材に偏りがある状態のことを指します。ある食材だけが食べられない、というレベルなら心配ないです。しかし、子どもが特定の食べ物しか選ばない場合は、栄養バランスが偏ってしまうことが心配ですよね。

子どもの偏食の原因は様々

子どもの偏食の原因は様々です。例えば、舌の感覚が敏感な子どもは、食べ物の食感や風味に過敏に反応し、特定の食材を嫌がることがあります。新しい食べ物への恐怖心や抵抗感も偏食の要因となります。酸味や苦みも、嫌がる子どもは多いですね。大人は子どもの個性を理解し、調理法などを工夫することで、偏食の改善につなげることができます。

味覚は、いろんな味を感じて育つ

子どもの味覚は成長とともに変化していきます。子どもに様々な食材を与え、いろんな味を経験させていくことで、味覚の発達を促すことができます。だからこそ、偏食の子には、工夫していろんなものを食べられるようにしてあげたいですよね。

見た目で嫌がる子への対策

子どもの中には、見た目で食べ物を選ぶ傾向がある子もいます。例えば、新しい食材や、いかにも緑で野菜っぽかったり、ねばねばしてそうだったり。そういった食材は、興味を持たず嫌がってしまうことがあります。

こうした場合は、その食材の見た目はしないけど、味はする調理法がおすすめです。ピーマンの見た目が嫌なら、みじん切りでチャーハンに。ほうれん草が嫌なら、すりつぶしてポタージュに。子どもが抵抗を感じずに、食べ物に興味を持てるような工夫をしてみましょう。

味で嫌がる子への対策

子どもは味の好みがあるため、苦味や酸味などの特定の味に対して嫌悪感を抱くことがあります。食感も、好き嫌いがあり、キノコのむにゅっとした感じが嫌いな子もいますよね。こうした場合は、少量から慣らす方法と、薄い味から始める方法が効果的です。

例えば、少しだけご飯やおかずに混ぜてみたり、スープ系の中に入れて、味をダイレクトに感じないようにしたり。徐々に慣れるように導入していくことが大切です。子どもが嫌いな味を徐々に受け入れることで、偏食を改善するきっかけになるでしょう。

濃い味に注意!薄くても美味しく食べられる時期を大切に

子どもの味覚が発達する段階では、濃い味付けの食事よりも薄味の食事を心掛けることが重要です。濃い味に慣れてしまうと、薄い味を美味しく感じにくくなってしまいます。つまり、塩分過多につながってしまうわけです。できるだけ野菜や魚などの素材の味を生かして、調理方法を工夫してみてください。

特に、甘味、塩味、油分の3つには注意が必要です。これらは、脳から快楽物質が出るため、依存しやすいです。(子供だとなおさら)

空腹を大切に

偏食の子に大切なのは、「空腹で食事を始める」という習慣です。おやつや間食の食べ過ぎ、食事時間の乱れには注意し、大人がしっかりと管理しましょう。

叱らず、気長に

大人のマインドですが、食事中は楽しい時間になるように、あまり叱らないようにしましょう。食べずに遊び始めるようだったら終わりにしてOKです。叱りながら食べさせるということがないようにしましょう。叱っても食べません。

まとめ

子どもの偏食の解消には時間がかかることもありますが、大人の理解と対応が重要です。子供の偏食の理由を見極め、原因に合った工夫をしていきましょう。決して、味に慣れさせようとして、無理に食べさせる必要はありません。「これはいや!」という気持ちを増強させるだけです。食事は、楽しい時間にしましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました